アトピーと汗について

 

アトピーと汗

汗をかくとかゆみが増すので、汗をかくことが良くないと言うイメージがあるかもしれませんが、実はこれは間違いです。

 

発汗と言うのは体にとってはとても大切なことで、アトピーになると汗をかきにくくなっていまい、その結果アトピーが悪化するのです。

 

「保湿をしたのに、汗でとれてしまう」

 

「かゆみが増すから、汗をかかないようにしている」

 

そんな人もいますが、汗が出なければ、皮膚のバリア機能も低下してしまうのです。

 

【汗の役割】
・皮膚の潤いを与えて、バリア機能を高める
・体内や皮膚の温度を下げる
・菌から皮膚を守る抗菌作用

 

汗をかくとかゆみがひどくなる・・・というイメージがあるかもしれませんが、汗には大切な
役割があり、汗をかかないことで肌が乾燥してバリア機能が低下し、アトピーや合併症を
引き起こしたり、夏場は熱がこもって熱中症になってしまうのです。

 

また重症な患者ほど汗がかけないと言われていましたが、最近では発汗ができないのは
自律神経の異常が原因とも言われています。

 

つまり、アトピーでも汗をかく人とかけない人がいると言うことです。

 

 

アトピーに汗は大切

 

アトピーと汗

汗の役割からも「発汗」がアトピーにとって大切なことというのがわかります。

 

ついついお子さんがかゆがることが可哀想だと、ぬるいお風呂に入ったり、エアコンを使ったり運動を控えめにしたりと汗をかかない環境を心がけている人もいますが、それはアトピーには逆効果になります。

 

きちんとスムーズな発汗を心がけましょう。

 

アトピーが先進国に多いというのも、こんな理由があるかもしれませんね。

 

 

汗をかくことに不安な方は

 

汗をかく=かゆいというかゆみが不安な方は、すぐに洗い流せる環境から汗をかいていきましょう。

 

汗を洗い流して、しっかり体とお肌に水分補給をすることで、かゆみを気にすることなく、気持ち良く
たっぷり出すことができます。

 

人間にとって、発汗と言うのは体の正常な働きです。

 

アトピーにとっても重要なので、しっかりと体質改善をしていきましょう。

 

■参考記事・・・「アトピーとかゆみ」