赤ちゃんに使えるのか

「メトセラes-27は赤ちゃんから大人まで使うことができます」
といわれても、本当に信用していいのか不安という方も多いでしょう。

 

ではアトピー性皮膚炎はいつから起こるのでしょうか。

 

実を言うと、全体の5~6割のアトピー性皮膚炎患者は1歳以下で発症しています。

 

さらに患者の割合を見てみると、入学前の5歳までが8割を占めています。

 

アトピー性皮膚炎が判明すると、まず皮膚科にかかることでしょう。

 

しかし大半がステロイド剤を処方されます。

 

ステロイド剤の副作用について、調べたことのあるお母さんなら分かるでしょうが、わが子に辛い思いをさせてまでアトピー性皮膚炎を
ステロイドで治していかなければならないのかと考えているお母さんは非常に多いです。

 

しかし、メトセラes-27は自然界にあるものを原料とし、
さらに皮膚科でも処方される保湿剤を配合していますので、
副作用の報告は今まで見られません。

 

だからこそ、赤ちゃんもメトセラes-27を安心して使うことができるのです。

 

もちろん効果には個人差がありますから、
メトセラes-27が肌に合わないという場合もあるでしょう。

 

メトセラクリームとパッチテスト

 

メトセラes-27は購入すると、1包無料でついてきますので、
パッチテスト代わりに使用するのがおすすめです。

 

メトセラes-27は電子を使用した画期的な治療法ですから、
まずパッチテストをして、赤ちゃんに何も害がないことを確認しましょう。

 

メトセラes-27を実際に使用し、3ヶ月ほどでよくなったという声は非常に多いです。

 

こうした体験談などを参考に、検討してみてください。

 

 

 

赤ちゃんの改善例

 

 

メトセラes-27を使用した赤ちゃん、幼児の改善例は
公式サイトで見ることができます。

 

赤ちゃんのアトピー改善

たとえば4歳女児の場合

 

ステロイド剤を使ったことで色素沈着を起こし、
皮膚は炎症、バリア機能は明らかに低下した状態でした。

 

診断は中程度のアトピー性皮膚炎で、赤ちゃんの頃から発症していました。

 

回復が見られたこともありましたが、断続的なステロイド剤の使用が必要不可欠となっている状態でした。

 

そこで入浴後にメトセラes-27、ステロイド剤を使用、朝はステロイド剤のみを使用しました。

 

すると1ヵ月後には炎症が緩和し始め、4ヶ月経つころにはすっかりと良くなりました。

 

薬の塗布もストップし、ステロイドにも、
メトセラes-27にも頼らない生活に戻ることができたのです。

 

使用を終えた現在は日常の保湿ケアなどで十分対処できているということです。

 

こうした症状の改善例は多く、
1歳くらいから小学生くらいまでの報告も多くあがっています。

 

特に副作用の大きな報告もなく、使用を終えた後も再発する様子はないということです。