アトピーとかゆみ

 

アトピーとかゆみ

アトピーにとって、辛いのが「かゆみ」です。

 

・我慢するとストレスになる
・無意識に寝ている時に掻いてしまう・・・・

 

しかし、掻いてしまうことでバリア機能が失われ、体内にアレルゲンが入り込むためさらにかゆみが悪化してしまいます。

 

 

そもそも、かゆみの悪循環というのは下記の通り。

 

体内にアレルゲンが入り込む

アレルゲンを排出しようとアレルギー反応(これがかゆみ)を起こす

掻いてしまうと、バリア機能が失われる

さらにアレルゲンが入り込む

かゆみが酷くなる

 

 

 

それでは、かゆみを抑えるにはどうしたら良いか。

 

アトピーとかゆみ

まずは元をたどっていくと「体内にアレルゲンが入り込む」ことが痒みの原因なので、単純に考えて、アレルゲンの原因を排除することが大切です。

 

では、アレルゲンをためこまないためにはどうするか・・・

 

環境と体質を改善すること!

 

ダニやハウスダスト、食事など色々な原因がありますが、時間がかかっても排除していけばアトピーを悪化することがなくなります。

 

また環境改善だけではなく、体質改善が必要なのは、バリア機能を正常化することと、健康な肌作りをすることでアレルギーのまけないようにしていきましょう。

 

かゆくなったらどうするか

かゆみは冷やす

かかないようにしようと思うとストレスになります。

 

また長袖長ズボンや包帯、手袋などでガードすると温かくなってよけいにかいてしまうということがあります。

 

また予防策として爪を短く切ると言う方法もありますが、かゆくならない方法とかゆくなったときにかゆみを抑える方法として「冷やす」というのがあります。

 

何かに夢中になっている時は、かかないこともありますが、どうしても無意識にかいてしまうことも
あるので、学校などでも汗を洗い流して冷やしてあげればかゆみを軽減できます。

 

冷やすことは、アトピーのかゆみ軽減法で一番多い解決方法なので、かゆくなったらかくのではなく
冷やすようにして、寝る前などは温度調節をして痒くならない環境を作っていきましょう。

 

 

■参考記事・・・「アトピーのための食事」