アトピーと運動

 

アトピーの場合、汗をかくから運動をするのはちょっと・・・と言う人がいますが、
実は逆にそれが改善しにくい原因になっている場合があります。

 

運動というのは、たくさんの種類がありますが、どれもストレス解消や代謝を良くしたり、快眠などのメリットがあります。

 

アトピーと運動

また丈夫な体作りをすることで、筋肉や骨の成長もサポートしたり、呼吸機器も鍛えることができます。

 

ふだん食が細かったり、食事制限で好きな物が食べられない人でも、お腹がすけばたくさん美味しく食べることができます。

 

そして、汗もかいて、ほどよく疲れることで快眠ができるので、睡眠不足の解消にも役立つのです。

 

アウトドア派もいればインドア派もいるので、どうしても運動は苦手・・・
と言う人も。

 

そんな人は無理に「運動をしよう」と頑張る必要はなく

 

「ちょっと散歩をしてみようかな?」

 

「今日はコンビニまで歩いてみよう」

 

「階段を使おうかな?」

 

そんな感覚で、無理なく体を動かせば良いのです。

 

もちろん、かゆみが酷い時に無理して運動をしてアトピーが悪化するのも良くないので、
症状を見ながら、医師に相談してみるのも良いでしょう。

 

アトピーと汗の関係が大切なように、汗をかくための運動も大切なことです。

 

かゆみや症状がひどいときにや軽くできるストレッチや有酸素運動でほどよく体を動かし、
代謝をよくして、かゆみが出る前に汗を洗い流したり、クールダウンをしてください。

 

運動不足のあらゆるデメリット

 

運動不足はアトピーだけではなく、生活習慣病など日々の生活にデメリットとなります。

 

アトピーと運動

運動が苦手だったり、ついつい車を使ってしまったり、休みはグッタリのんびり過ごすことで、万歩計を1日つけてみたら、驚くほど歩いていない現実を知る人もいます。

 

例えば、
高校生になって自転車通学になったら、アトピーが改善されたのに夏休みに入ったら悪化した・・・

 

と言う場合には、夏にアトピーが汗によって悪化したと言うよりも、自転車通学である程度の運動をして新陳代謝が活性化されていたことが考えられます。

 

運動をした後は体を休め、健康を心がけましょう。

 

■参考記事・・・「アトピーと汗について」